失敗しない不動産売却!賢い不動産会社の選び方を解説

公開日:2024/04/15

不動産選び

免許番号は不動産会社の実績を知る手がかりです。長い営業実績があるかどうかは、成功に直結する判断基準のひとつです。名前やCMだけでなく、実績や免許番号、行政処分履歴、そして不動産物件情報の囲い込み問題など、慎重に確認することが肝要です。この記事では、賢い不動産会社の選び方を解説し、失敗しない売却を実現しましょう。

信頼性の確認が重要!免許番号の活用

免許番号は、不動産会社の信頼性や実績を把握する上で極めて重要な情報となります。この番号は、自治体から認可を受け、宅地建物取引業の免許を持っていることを示しており、その中には括弧で囲まれた数字が含まれています。

まず、この番号が示すのは免許の更新回数です。数字が大きいほど、その不動産会社が長い間営業を続けていることを示唆しています。もちろん、長ければ長いほど信頼性があるとは限りませんが、ひとつの判断材料として参考になります。

しかし、番号だけでなく、同様に重要なのが行政処分の有無です。不動産会社が法令違反やトラブルに巻き込まれ、それが行政処分として表れている場合、これは潜在的なリスクを示唆しています。過去のトラブルを知ることで、不動産会社の信頼性を見極められるのです。

免許番号と行政処分の情報は、国土交通省が提供している検索システムを通じて簡単に調査できます。これにより、不動産会社の実績や信頼性に関する詳細な情報を手に入れられます。

これらの確認作業は手間暇がかかるかもしれませんが、不動産売却において成功するためには欠かせないステップです。免許番号は不動産会社の背後にある歴史を物語り、行政処分の有無は信頼性を測るバロメーターとなります。慎重な確認作業を通じて、売主はより安心して取引できる不動産会社を見つけられるでしょう。

不動産物件情報の囲い込み問題に注意

不動産物件情報の囲い込み問題は、不動産売却において注意が必要な課題のひとつです。売主が安心して不動産会社に任せられるかどうかは、物件情報の適正な共有が行われているかどうかに大きく左右されます。

とくにレインズと呼ばれる指定流通機構に登録された情報は、数万の不動産会社で共有されており、他社にも情報が開示される仕組みです。この共有の仕組みは、多くの不動産会社が協力して売主の物件を適正な価格で素早く販売するための重要な要素となっています。

しかし、ここで問題となるのが、囲い込みと呼ばれる行為です。これは、売主から売却依頼を受けた不動産会社が、物件情報を自社だけで抱え込み、他社には情報を紹介しないという問題行為です。

不動産業法においては、売却依頼を受けた不動産会社は、一定期間内に物件情報をレインズへの登録が義務付けられています。登録によって、他の不動産会社も情報を取得でき、広範な範囲で物件のプロモーションや販売活動が行われます。

しかし、囲い込みが行われると、他社が物件にアクセスできず、売却プロセスが制約されます。売主が囲い込みの有無を確認することは、不動産会社の姿勢や適切な取引が行われるかどうかを見抜く大切なポイントです。

囲い込みがある場合、他社との情報共有が制限され、適正な価格での売却が難しくなる可能性があります。したがって、不動産会社を選ぶ際には、レインズに登録された情報の共有が適切に行われているかどうか、そして囲い込みの懸念がないかを確認することが重要です。

物件情報の適切な共有は、不動産売却の成功に直結する要素であり、売主としては適正なプロモーションが行われ、多くの購入希望者にアプローチできる状況を作り出すことが望ましいです。適切な不動産会社の選定によって、このような問題を未然に防ぎ、円滑な売却プロセスを実現できるでしょう。

不動産買取業者の選び方と注意点

不動産を売却する際、不動産買取業者の選定は重要な決断です。成功するためには、慎重な検討が不可欠です。以下に、不動産買取業者の選び方と注意点を詳しく解説します。

行政処分履歴の確認

不動産買取業者の信頼性を確認するためには、行政処分履歴の確認が欠かせません。データベースを活用して業者が法令違反を犯していないかを調査しましょう。過去に行政処分を受けた業者は慎重に検討する必要があります。

ただし、履歴だけでなく、その後の改善状況も見逃せません。問題があった場合、それがどれほど改善されたかを確認することで、現在の信頼性を見積もる材料となります。

得手不得手を知る

不動産買取業者も得手不得手があります。マンション、戸建て、商業施設など、得意分野が業者によって異なります。自分の物件に特化した業者に依頼すれば、スムーズな取引が期待できます。得意分野であれば、査定や手続きなどが迅速に進み、最終的な成約にもつながりやすくなります。相性の良い業者を見つけることで、より円滑な取引が可能です。

企業規模の重要性

買取業者の企業規模にも注意が必要です。買取だけでなく、リフォームや再販も担当する業者は、規模が大きいほど安定している可能性が高まります。なぜなら、これらのプロセスには資金や期間が大きな影響を与えるからです。

企業が安定していれば、物件を適正価格で買取り、かつリフォームや再販にも十分な資源を投入できるでしょう。逆に、小規模な業者は限られた資源で取引を進めるため、査定額やリフォームのクオリティに制約が生じる可能性があります。

これらの要点を踏まえ、不動産買取業者を選定することで、スムーズで安心な取引が実現します。売主が慎重なステップを踏むことで、理想的な条件で不動産を売却できるでしょう。

まとめ

不動産売却は入念な計画が必要なプロセスです。信頼性の高い不動産会社の選定が成功の鍵です。免許番号や行政処分履歴の確認、物件情報の共有の重要性を理解し、不動産買取業者の選び方や注意点にも注意を払いましょう。これらのステップを踏むことで、失敗のないスムーズな売却を実現できます。慎重なプロセスを通じて、理想的な売却を目指しましょう。

【富山市】おすすめ不動産売却業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名エーピーエスとやまサンホームハウジングパークハウスドゥ!株式会社ABC
特徴地域密着80年の情報発信力、販売力、提案力!リピーター・リフォーム受注率67.5%!「安心のトータルケア」任意売却にも強みを持つ地域密着の不動産会社スピーディーな対応と全国ネットワーク網でスムーズに不動産売却第三者の建築士による77項目の住宅点検サービス
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索